ダッチ鈴木の ”ダッチオーブン プレジャークッキング” 公式サイト

ダッチオーブン 上手な買い方・選び方

Site Navi
 トップページ > ダッチオーブン・ヒストリー > 購入時の留意点
 
■Home
■Contact
■Link
ネイチャーウェブ/稲垣朝則オフィシャルサイト
Thanks!
 
■その歴史と人気の理由
■お手入れ
■ダッチオーブン教室
 
■トップページ
■ロッジ・キャンプオーブン
■ロッジ・キッチンオーブン
■ロッジ・スキレット
■ユニフレーム・ダッチオーブン
■ユニフレーム・関連グッズ
■スノーピーク・ダッチオーブン
■スノーピーク・関連グッズ
■その他メーカーのダッチオーブン
■関連グッズ
■書籍・DVD
 
 
 
 

ダッチオーブンが鋳物であるゆえの弱点を踏まえ、以下の点に注意してお選びください。

 

 

ご自身で現物を見て納得したものであれば、どのショップで買うかは特に問題ではないと思われますが、まれに使用後に欠陥が見つかる場合がありますのでダッチオーブンについての知識があり、アフターフォローのしっかりとしたショップで買うことをお勧めします。

 

開封しての現物確認をさせてくれないようなショップは論外です。 また直接自分の目で現物を確認できない通販を利用する場合には、よりショップの選択が大事になってきます。ネットショップの利用時には信頼できるか、アフターフォローはどうかを見極めて利用しましょう。注文時に「蓋のガタツキないものを」と一言書き加えるのも有効だと思います。

 

 

全体の厚みが均等で歪みなく、本体と蓋がきっちりと噛み合っているかどうかを確認しましょう。本体と蓋にガタツキがあるとダッチオーブンの利点、ウォーターシールによる圧力鍋効果が充分に得られません。 ただ、鋳物ですから削りだし程の精度はありませんので、完璧な製品にはそう簡単には出会えません。

 

そこで、蓋を回してみてガタツク所もあるが、ぴったり来る所もあるものならOKと考えて下さい。そのぴったりとくる所で使うようにすれば問題はないでしょう。むしろ蓋を回して圧抜きが出来るとおおらかに考える方が、ダッチオーブンと長く付き合うには向いているかもしれませんね。

 

 

ロッジ(USA)・国産(スノーピーク)・そして中国製の鋳鉄ダッチオーブンを同時に使ってみると、その違いが本当によくわかります。
一番の違いは、鉄のキメの細かさ。もちろん国産>USA>中国の順ですが、触るまでもなく目で見てもその差は明らか… 中国製の2980円で買えるダッチオーブンはザラザラさが際立っています。

ケース・底網・リフター付のセットで店頭価格¥2980ですから、原価ベースではダッチオーブンだけなら1000円未満なのでしょう。国内のアウトドアブランドでも、できれば中国製品は避けた方が良いかも知れませんね。

 
■コラム/ひび割れの原因
 

外からは見えないのですが、中に気泡のあるもの、鋳物の製造工程で鋳型に溶かした鉄を流し込む時に空気が入ってしまったケースです。熱を加えることで気泡の中の空気が膨張してダッチオーブンに亀裂が入ってしまいます。私はこれで使用済みのものを取り替えていただいた経験があります。

 

また、割れる原因として考えられるのが、 外からの衝撃(たとえば落としてしまうこと)や急激で部分的な温度変化(熱されたダッチオーブンに冷水を掛けること等)ですが、厚みが不均等で歪みがあると、より割れやすいと思われます。

 
 
ダッチオーブンレシピ
★パーティーメニュー
■スタッフドチキン
■鶏粥
■森のパエリア 
■ビーフシチュー
■キーマカレー
■ナン
■カレーパン
■ミネストローネ
■コーラ煮
■ボールキャベツ
■極厚お好み焼き
★酒肴
■どて焼き
■ラム エスニック
■餃子皮ピザ
■じゃが好み 
★ランチ
■海老トマト スパ 
■グラパン
■鉄鍋ビビンパ
★ソース
★デザート
■メロンパンナコッタ
■パインホットケーキ 
■ホワイトクッキー 
■シナモンロール 
■太陽のアップルパイ

写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。 Copyright(C)2008 Campro All Rights Reserved.
オフィス・キャンプロ  〒565-0831 吹田市五月が丘東10-8-205 06-6879-4780